OCNモバイルONEはバースト機能で低速データ通信も安心!

OCNモバイルONEはバースト機能で低速データ通信も安心!

 

OCNモバイルONEでは色々なコースが用意されていますが、どのコースでも高速データ通信容量を使い切ってしまった時には200kbpsの低速データ通信になります。

 

200kbpsの低速データ通信では、少し使い続けるのは辛いものがあります。

 

しかし、OCNモバイルONEで利用できる機能「バースト機能」を利用すれば、低速データ通信でもインターネットを快適に利用できます。

 

 

バースト機能とは

 

バースト機能は低速データ通信でも、データ通信を快適に利用するための機能です。

 

 

 

契約している高速データ通信容量を使い切ってしまった時、ターボ機能をオフにしている時などにバースト機能が自動で有効になります。

 

バースト機能が働くと、データ通信を始めた最初の一定時間だけ、高速データ通信容量が減ることなく、高速データ通信でデータの送受信を行うことができます。

 

テキストが主体のホームページやSNSなど、データ容量が少ないデータ通信を快適に行うことができるようになります。

 

 

 

バースト機能の申し込みや設定について

 

バースト機能は申し込みが不要です。

 

また、低速データ通信によるデータ通信を行った時には自動で機能するため、使用するための設定なども不要です。

 

 

 

バースト機能を利用すれば高速データ通信容量の節約ができる

 

ターボ機能をOFFにして低速データ通信を利用している時にも、バースト機能を利用できます。

 

そのため、ターボ機能をOFFにして高速データ通信を節約するのにも便利な機能です。

 

特にメールやLINEなどのメッセージでのやり取りなど、データ容量が多くない通信には最適な機能です。

 

高速データ通信容量の節約に、ターボ機能を活用しましょう。